合宿免許で注意しておきたい点

自動車免許の取得やバイクなどの二輪免許の取得には通常の取得方法とは別に、合宿をして短期間で自動車の免許が取得できる合宿免許と呼ばれる方法が存在しています。

合宿免許はその名の通り、宿泊施設を利用して毎日決められたスケジュールの中で、学科や実技を受けて免許取得のみを目的としたものとなっています。

少ない期間で免許取得ができ、あまり時間のない人や免許取得に時間をかけたくない人には非常のおすすめの方法です。



しかし、メリットだけではなく、注意した点もいくつか存在しています。
合宿免許だからといって、免許取得が必ずできるということではありません。

仮免許試験や本試験は当然あるため、実技や学科の点数が足りなければ、決められたスケジュール内で終わらない場合もあります。

こうした場合には、延長されてしまいその分料金がかかってきます。試験で失敗してしまうことも考えられるため、休暇の予定は多めにとっておくか、見込みがありそうな場合は早めに会社へ連絡するなどといった対応が必要となってきます。



基本的にはスケジュール通りに進みますが、人によってはこうしたこともあるということを認識しておくことが重要となります。
合宿免許の取得の注意点として、宿泊施設が相部屋となっていることがあります。

施設によって異なりますが、季節や申し込み時期によっては相部屋のみの場合もあり、予約する際には注意が必要です。



友達同士で行く場合には良いですが、全く知らない人と相部屋になることもあるため、注意が必要です。